英語

日本人にとって英語習得が難しいと感じる原因を大公開!

こんにちは、ユイコです。

英語学習で行き詰まったとき、

「なんでこんなに英語を習得するのって難しいんだろう?」と疑問に思うことがありますよね。

 

私も高校レベルの知識から英語を勉強し始めた頃は、

一生英語が身につかなかったらどうしようという思いでいっぱいでした。

 

でも、私たち日本人が英語を習得するのは難しいって感じるのにはちゃんと原因があるんです。

その、「なぜ難しいのか」を知っておくと、

英語の勉強でつまずいた時に「どこで引っかかってしまったのか」という原因が明確なので、

対策や勉強のカリキュラムを立てやすくなります。

 

今回は、その英語が難しく感じる原因をお伝えしますので、

日々の英語学習に役立てていただければ、とても嬉しいです。

日本人にとって英語習得が難しい原因は3つ!


日本人にとって英語習得が難しいと感じる原因は、主に3つあります。

それは、以下の通りです。

原因① 英語と日本語では言語構造が大きく違う
原因② 英語は日本語より発音数が多い
原因③ 日本では英語を使う機会がほとんど無い

もちろん、他にも原因はあるかもしれませんが、

主な原因を挙げるとすれば、上記の3つが大きな原因と考えられます。

それぞれを詳しく説明していきますね。

英語が難しい原因① 英語と日本語では言語構造が大きく違う

日本人が英語習得を難しいと感じる原因の一つに、

英語と日本語では言語構造が大きく違うということが挙げられます。

 

分かりやすい例で言うと、英語と日本語では語順が全く違いますよね。

例えば、英語の文章は「SVO」もしくは「SVC」の語順になります。

それに対し、日本語の文章は、基本的には「SOV」もしくは「SVC」の形を取ります。

英語の文章は「SVO」「SVC」
例:I like strawberries.
My mother look so happy.

日本語の文章は「SOV」「SCV」
例:私はイチゴが好きです。
私の母はとても幸せそうだ。

英語を勉強したての頃は、特にこの語順の違いに惑わされることが多いです。

関係代名詞や接続詞を含んだ長い文章になると、

もっと複雑になって「どこで文の意味を区切って読めば良いのか分からない」などの質問もよく受けます。

 

また、日本語は主語がない文章でも比較的意味が通じますが、

英語は必ず主語を取るため、そこに悩む方も多いようですね。

例えば、「It is difficult to understand what he says.」のように、

「It」が形式主語の考え方も、日本語には無い文法です。

 

英語は結論を先に持ってくるのが原則の言語のため、

上記で言えば「what he says」を短縮して「It」に置き換えているのですが、

その仕組みが分からないと、主語に何を置くかで迷ったり、長々とした主語を作ってしまうかもしれません。

 

対策としては、文法の基礎をしっかりと押さえることです。

語順の違いについては、第1〜第5文型までを覚えて自分でも文章を組み立てられるようになれば、

もう日本語との違いを意識せずにスラスラと英語の語順で文章を書いたり話したりできるようになると思います。

さらには、文型を理解することで、

長文を読むときでも、どこで区切ったら意味が取りやすくなるのかが分かるようになり、より英文の理解力が増しますよ。

 

私も高校生の時には文型の理解を疎かにしていたのですが、

本気で英語を身に付けたいと思ってから再度文型の勉強を始めたら、

あるとき自分の中でカチッとパズルがはまったような感覚になり、英語の文章から意味を取りやすくなりました。

 

いま英語がなかなか習得できずに悩んでいる方には、

まずは文型の理解をして英語の構造に慣れていくことがおすすめです。

英語が難しい原因② 英語は日本語より発音数が多い

日本人が英語習得を難しいと感じる原因の2つ目は、英語は日本語よりも発音数が多いことが挙げられます。

例えば、国際音声記号によると、母音の数だけでも英語と日本語ではかなりの差になりますが、どのくらい数が違うかを想像できますか…?

 

答えは、英語は母音が22種類、日本語は母音が5種類で、その差は17もあります。

日本語の「あ」に近い発音だけでも、なんと4種類もあります。(”ɑ”, ”æ”, ”ʌ”, “ə”)

 

子音もなかなか聞き取れないものが多いですよね。

日本人が苦手な代表的な子音は”v”,”f”,”th”の3種類で、

聞き取ることも発音することも習得に時間がかかることが多いです。

 

でも言語が違えば発音が違うことは当たり前なことではありますので、

その違いを分かった上でどう勉強していくかを考えていきましょう。

 

英語のほうが発音数が多いことの対策としては、新しい単語を覚える工程の中に、

発音記号も一緒に覚えることと、発音の練習を組み込むことです。

 

自分が発音できない音ってなかなか聞き取れないのですが、

逆を言えば、正しい発音ができればリスニングの力も一気に伸びます。

聞こえた音に被せて発音するシャドーイングも、

耳を慣らしながら発音をきれいにしていく上で効果的なトレーニングですよ。

英語が原因③ 日本では英語を使う機会がほとんど無い

日本人が英語習得を難しいと感じる原因の最後は、

日本では英語を使う機会がほとんど無いことが挙げられます。

 

日本では日本語だけできれば、特に生活に困りませんよね。

日本は他国の歴史と比べると移民が少ないですし、植民地になったこともありませんので、

日本語以外の言語ができなくとも、それで困ることはありませんでした。

 

時代が変わり、世界ではもう英語が共通言語になっていますが、

日本では日常で英語を使うのは訪日観光客に道を尋ねられた時くらいでしょうか。

 

一方、海外では日本と比較すると移民が多かったり、

陸続きなので文化の交流があったりと、早い段階で共通の言語が必要だった歴史があります。

日本人よりは英語を習得する必要性も機会もあると、やはり第二言語で英語ができる人が多くなる傾向にあるようです。

 

日本で英語を使う機会が無いことの対策としては、自分で機会を創出することしかありません。

自分で英会話学校に通ったり、留学に行ったりするのは定番ですが、

あとは英語を勉強している仲間を募って、お互い話すときは英語縛りにするなどの工夫も良いですね。

 

英語で日記を書くのも面白いですよ。

1年経ったくらいに見返してみると、自分のライティング力の伸びが感じられて励みにもなります。

毎日何かしら英語に触れておく仕組みを作りましょう。

英語ネイティブにとっても日本語は難しい


日本人からすると「英語って難しい」と感じますが、

反対にネイティブの英語スピーカーの感覚でも「日本語って難しい」と感じるそうです。

 

ドイツに本拠地を置くStatista社は世界中のあらゆるデータや統計をまとめている企業なのですが、

そのStatista社が『The Most Difficult Languages To Learn For English Speakers』という題名で記事を書いています。

 

その記事を読み進めていくと、ネイティブの英語スピーカーにとって習得するのに難しい言語がカテゴリー1〜5で示された図が出てきます。


(引用:statistaより)

日本語が該当するのは、最高難易度のカテゴリー5です。

ある程度のスピーキングレベル、リーディングレベルに到達するまで、88週間の勉強が必要とされています。

日本語の他にも、アラビア語、中国語、韓国語が英語スピーカーからすると難しいようですね。

 

以前、日本語を勉強中のアメリカ人と話した際に、

「日本人はひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットを使いこなしていて凄い!」を感心されたことがあります。

確かに英語は小文字・大文字の違いはあれど、

AからZまでの26種類を覚えるだけと考えたら日本語のほうが難しいのかもしれません。

大人になってからも読むのが難しい漢字だって幾つもありますしね。

日本人にとって英語習得が難しいことのまとめ


今回は、なぜ日本人にとって英語習得が難しく感じられるのか、その原因を3つお伝えしました。

原因① 英語と日本語では言語構造が大きく違う
原因② 英語は日本語より発音数が多い
原因③ 日本では英語を使う機会がほとんど無い

原因と共にその対策もご紹介しましたが、

ぜひ一つずつ難しいと思う障壁を取っ払って、英語を得意と思うまで勉強を続けていただければ、とても嬉しいです。

英語を勉強していると行き詰ることも多々ありますが、

一緒に乗り越えて英語を習得していきましょう!

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!