英語

英語を話そう!初心者でも簡単に使えるたった1単語の褒め言葉

「英語を話したい!」と思っていても、いざ英会話が飛び交う環境に身を置くと不安を覚えることがありますよね。

まだまだ日本人は英語に苦手意識がありますし、英語を話す時にはそれなりに言葉の知識も文法の知識も必要だと感じている方も多いです。

でも、自分で長い文章を話せなくとも、たった一言を発するだけで会話が進んでいくとしたら、少しは気が楽になりませんか?

 

そこで、今回は英語の褒め言葉を紹介します。

「なぜ褒め言葉?」と思うかもしれませんが、英語を使うネイティブは本当によく褒め言葉を使います。

「イイネ!」と思うときも「賛成だよ!」と意思表示を表すときも褒め言葉を使いますので、褒め言葉をマスターすればするほど、相手の表情がどんどん良くなって話し続けてくれますよ。

 

私がアメリカ留学中によく耳にした表現だけピックアップしましたので、使える英語表現としてインプットしてみてくださいね。

 

褒める英語<初級>

 

初級編では、中学・高校レベルの英語力でも聞いたことがある英単語を集めました。

簡単なので、「いいな!」と思った時にはすかさず使っていきたいですね。

 

Nice!

最も簡単な褒め言葉とも言える「Nice!」は、「イイネ!」という意味で使われます。

【使用例】
・Nice!
→イイネ!
・It’s nice!
→イイネ!
・Nice opinion!
→いい意見だね!

 

Great!

「Nice!」と同じく、「Great」も「イイネ!」という意味で使われます。

【使用例】
・Great!
→素晴らしいね!
・That’s great!
→イイネ!
・How great!
→なんて素晴らしいんだ!

 

Excellent!

「Excellent!」は、「素晴らしい!」という意味で、強く賛成している時や満足している時に使われる表現です。

【使用例】
・Excellent!
→素晴らしい!
・That’s excellent!
→素晴らしくイイネ!
・What an excellent idea.
→なんて素晴らしいアイディアなんだ!

 

Wonderful!

感心したり、幸せな気持ちになった時には、「Wonderful!」で「素晴らしい、素敵だ」と表現しましょう。

日本人の感覚ですと少々大袈裟に思えるかもしれませんが、ネイティブは日常的に使用していますので、堂々と何回でも使って大丈夫です。

【使用例】
・Wonderful!
→素敵!素晴らしい!
・That’s wonderful!
→素敵!素晴らしい!
・It’s wonderful to meet you!
→会えて嬉しいです!

 

褒める英語<中級>

 

次は褒める英語の中級編です。

ここで紹介する英単語もネイティブの間ではよく使われるのですが、私たち日本人には「これも褒め言葉なの?」とちょっと首を傾げてしまうものもあるかもしれません。

だからこそ使えるようになれば、周りから一目置かれる存在になりますよ。

 

Amazing!

「Amazing!」は「すごいね!」という意味で、驚くほど素晴らしいというニュアンスが含まれています。

【使用例】
・Amazing!
→すごいね!
・That’s amazing!
→驚くほどすごいよ!
・You’re amazing!
→君ってとっても素敵だよ!

 

Perfect!

これ以上ないくらい「最高だね!」という時は「Perfect!」と言いましょう。

もう素晴らしすぎてしょうがない…震えるくらい素晴らしいよ…というイメージなのですが、これもネイティブは本当によく使います。

【使用例】
・Perfect!
→素晴らしいね!
・It’s perfect!
→最高だよ!
・You have a perfect vision.
→君はなんて素敵なビジョンを持っているんだ!

 

Cool!

「Cool!」は、「イイネ!」という意味で使われる若者言葉です。

なんとなく「すごいな」「かっこいいな」と伝える時にネイティブがよく使っています。

【使用例】
・Cool!
→イカしてるね!
・That’s cool!
→いいじゃん!
・He is a cool guy, isn’t he?
→彼ってイケてるよね!

 

Awesome!

「Cool!」よりも強く表現をしたい時は、「Awesome!」を使って「とても素晴らしい!」と言ってみましょう。

日本人が良い場面で「ヤバイ(くらい素敵)」というくらいの砕けた表現です。

 

ちなみに…私の友人であるネイティブのアメリカ人は、学生の頃に1分に1回は「Awesome」と発していたので暫くはニックネームが「オーサムくん」でした。

それくらい人によってはよく使う表現です。

【使用例】
・Awesome!
→とってもイケてるね!
・That’s awesome
→ヤバイね!(イイネ!)
・You’re awesome.
→君ってイカしてるよ!

 

もっともっと褒めたい時の+αワード

 

「本当に素晴らしさを感じてしょうがない…!」という時は、副詞を付け足して気持ちの大きさを表しましょう。

基本的には下記の副詞を覚えておくと、どんな褒め言葉にも応用して使うことができますよ。

【褒め言葉と一緒によく使う副詞】
very
→Very good!
so
→So wonderful!
pretty
→Pretty nice!
super
→Super amazing!

 

褒め言葉をマスターして英会話を盛り上げよう

 

特にあまり英語を話し慣れていない段階では、褒め言葉をマスターすればするほど、英会話への自信が付いてきます。

自分から意見を発することは少なくても、英語で返すことによって英会話に参加しているという感覚が生まれますし、褒められた相手は嬉しくなってどんどん話を膨らませてくれるはずです。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!