英語

英語を学ぶのにデメリットはある?TOEIC925点の私が考えてみた

こんにちは、ユイコです。

英語を学ぶと得られるメリットはいっぱい聞きますけど、

英語を勉強するデメリットってあまり聞いたことないですよね。

 

そうふと思い、今回は英語を学ぶデメリットについて考えてみました。

「本当に英語を学ぶ意味なんてあるのかな」と思いながらも勉強している人にもぜひ読み進めてほしいなと思います。

英語を学ぶデメリット


英語を学ぶデメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

①翻訳機があれば自分の英語力は不要になる

②ネイティブレベルになるまで長い時間がかかる

③日本にいると英語の使い道が少ない

他にも恐らくあるかもしれませんが、TOEIC925点を取った私の頭をひねっても、これくらいしか出てきませんでした。

それでは一つずつ見ていきましょう。

①翻訳機があれば自分の英語力は不要になる

まず一つ目のデメリットは、せっかく英語を勉強しても、翻訳機があれば自分の英語力は不要になることが挙げられます。

そうすると、時間をかけて英語を習得したのにも関わらず、自分の努力が無駄だと思ってしまうこともあるかもしれません。

 

年々、翻訳機の精度は上がっているようで、初めて海外旅行に行く人でも、翻訳機を持っていれば安心して海外に行けるというのもよく聞きます。

翻訳機があれば英語学習はいいかな、と思うのであれば、英語を勉強することはあなたに取って勿体無い時間になっているのかもしれません。

 

ただ、翻訳機が本当に正確に訳してくれるのか、というと、確かに精度は上がっているものの、正確さについてはまだ完璧とは言えないようです。

一番私たちが手軽に使える翻訳機といえばGoogle翻訳がありますが、英語を日本語にすると、「ちょっと惜しい」日本語に変換されますよね。

また、私が2018年秋にロシアを旅行した際に、現地の人が翻訳機を使ってロシア語を英語にしてくれたのですが、意味が全く通らない文章が出来上がっていました。

 

使えるものは使う、に越したことはないですが、「翻訳機を使うから英語は勉強しなくてもいいや」と思えるのはまだ先の未来のことになりそうです。

②ネイティブレベルになるまで長い時間がかかる

そして2つ目のデメリットは、英語を母語としてしていない私たちが、ネイティブレベルの英語力を有するまで長い時間がかかるということです。

 

もちろん、英語学習を続けていれば、ネイティブのように流暢でアクセントに癖のない英語を話すことができるようになる人もいます。

でも、大人になってからネイティブレベルの英語力をつけるとしたら、相当な覚悟を持って毎日学習に臨む必要があります。

仕事で英語漬けの毎日を送るとしたら出来なくはないですが、1日数時間の英語学習でネイティブ並みになることは難しいでしょう。

 

一方で、必ずしもネイティブのような完璧な英語は出来なくても良いとは思います。

そもそも、世界には英語を話すネイティブよりも、英語を母語としない非ネイティブのほうが多く、

「伝わればOK」というように文法もアクセントもめちゃくちゃな英語を話す人って結構いるんですよね。

 

完璧を求めてしまうのは日本人の性だと思いますので、ネイティブレベルの英語は目指さずとも、

ちゃんと伝わる程度の英語力が身に付くことを一つのゴールにすれば、それほど長い時間はかかりませんので、問題ないと思います。

③日本にいると英語の使い道が少ない

最後に3つ目のデメリットですが、日本にいると英語の使い道がそもそも少ないということが挙げられます。

日本語を母語として『島国日本』にいる私たちは、世界のどの地域よりも多言語の必要性が無いともいえます。

だって日本語で話していて、生活するのに不便なことって無いですよね。

 

なので、一生日本で暮らしていく分には、英語は要らないと思います。

ただ、今は日本で生活しているけれども、将来は海外を見てみたいとか、異文化に触れてみたいとか、

そういう興味が強い方は人生のスパイス的な感じで英語を学べばいいと思っています。

言い換えると、英語を自分の生活を豊かにするための一つのツールにするってことです。

なので、今は英語の使い道が無くても、将来を見据えてやりたいことの一つに海外での項目があるんだったら英語を学べばいいと思います。

やっぱり英語を学ぶメリットはデメリットを上回る


ここまで英語を学ぶデメリットをお伝えしてきましたが、あまり確信的な答えは見つかりませんでした。

それどころか、英語を学ぶデメリットを考えていると、逆に「メリットしかないんじゃない?」と改めて強く思いました(笑)

 

個人的には、今回お伝えしたデメリット3つを引っくるめても、英語学習はやっていて良かったです。

多言語を学ぶことで他文化を学ぶことができますし、海外の友人も増えます。

自分に入ってくる情報量も大きく変わりましたし、仕事の幅や住む場所の選択肢も圧倒的に広がりました。

あとは、「英語ができる=頭が良い」とか「英語ができる=仕事ができる」っていまだに思われがちなところも自分では気に入っています。

そういう訳で、私は英語学習をこれからも続けていこうと思っています。

 

他にも、この『英活ライブラリー』のサイトでは、英語学習のメリットや、得られる効果、掴みとれる未来など、たくさん解説をしています。

ぜひ他の記事も参考にしつつ、英語学習のメリットを感じながら英語を習得していっていただければと思います。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!