英語

【英語で読む日本のニュース】羽生結弦選手が四大陸選手権で初優勝!

こんにちは、ユイコです。

今回は、アメリカの有力紙『The Washington Post』の記事を取り上げます。

日常でよく使う単語や、TOEICでよく出る単語も合わせて紹介していきますので、英語で読むことに一緒にチャレンジしてみましょう。

 

※このブログでは翻訳権(著作権)を侵害しないよう、日本語で読むためのエッセンスだけ抽出し、解説していきます※

 

英語で日本のニュースを読んでみよう

それでは早速ですが、今回は羽生結弦選手が2020年2月9日に四大陸選手権で初優勝した時の記事を読んでいきますね。

その記事というのがコチラです。

Two-time Olympic champion Hanyu wins Four Continents

 

それでは以下の流れに沿ってニュースを読んでいきましょう。

①ニュースから大事なポイントを抽出
②日常で使える&TOEICで出る単語のおさらい
③ニュースを読んだユイコの感想

 

①ニュースから大事なポイントを抽出

 

英語でニュースを読むときは冒頭1〜2文の主題を掴むことがとても大切です。

主題には言いたいことが凝縮されていますので、極端に言えば、そこさえ分かってしまえばあとは読まなくても要点は掴めることが多いです。

 

今回で言えば、下記が主題文ですね。

SEOUL, South Korea — Two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu won’s the men’s free skate on Sunday to claim his first Four Continents figure skating title and complete a Japanese sweep of the men’s and women’s events.
(引用:The Washington Post

 

凄く長い文章に感じますが、区切って読めばそうでもないですよ。

例えば、下記のように区切って読んでみてはいかがでしょう?

 

SEOUL, South Korea — Two-time Olympic champion Yuzuru Hanyu won’s the men’s free skate on Sunday to claim his first Four Continents figure skating title and complete a Japanese sweep of the men’s and women’s events.

 

一番最初の「SEOUL, South Korea」は開催された場所を示しています。

 

単語はどうでしょうか?

「claim」は、ここでは「獲得する」という意味で使われています。

「sweep」は、「圧勝、全勝」という意味ですね。

通常、動詞で「(床など)を掃く」という意味で使われることが多いのですが、一掃して勝ったとイメージすると分かりやすいかもしれないです。

今回は女子の紀平梨花選手も優勝していますので、男女通じて日本勢が圧勝を収めたことが書かれています。

 

次に、少し飛んで4段落目の文章を見てみましょう。

TOEICでもよく出てくる文構造をしています。

Although he fell on the quad toeloop and it wasn’t his most impressive free skate, Hanyu comfortably won by a wide margin to claim his first Four Continents title.
(引用:The Washington Post

 

もし私がTOEICの問題を考える人だったとしたら、TOEICパート5で「Although」と「comfortably」を空欄にして出題します(笑)

 

まず「Although」は「〜だけれども」という接続詞で、TOEIC頻出単語です。

上の文章を訳すヒントとしては、「(he fell〜)だったけれども、(Hanyu comfortably〜)。」となることです。

新聞などの文章表現で良く見られる単語ですので、覚えておくと英語でニュースを読むときに役立ちますよ。

 

もう一つ、「comfortably」は「心地良く」という意味になります。

これがTOEICの問題だったとしたら、「(1)comfort (2)comfortable (3)comforted (4)comfortably」のように品詞を問う問題で出てきそうですね。

ちなみに、正解を導き出す時は、直後の動詞「won」を修飾するのは副詞だけだと理解していれば、すぐに解答の「(4)comfortably」を選ぶことができますよ。

 

最後に、7段落目の文章を見てみましょう。

四大陸選手権で羽生結弦選手に次いで男子2位に輝いた、アメリカのジェイソン・ブラウン選手の言葉です。

“I was rewarded for what I did so I’m really excited heading into the World Championships because I left a good 12 points on the table that I hope to get in Montreal,” Brown said.
(引用:The Washington Post

 

これを見て、どこで文章を区切りながら読むのか分かりますでしょうか。

パッと見ると「I(私は)」が乱立しているように見え、読みづらいかもしれませんね。

冒頭文で区切って読んだように、スラッシュを入れながら読むと分かりやすく意味が取れるようになります。

 

“I was rewarded for what I did so I’m really excited heading into the World Championships because I left a good 12 points on the table that I hope to get in Montreal,” Brown said.

 

ここでは「because」が二文を繋いでいる構造を取っていますね。

上の文章を訳すヒントとしては、「(I was rewarded〜)、なぜなら(I left a good 12 points〜)。」となることです。

 

②日常で使える&TOEICで出る単語のおさらい

 

それでは今回のニュースで出てきた英単語を一挙におさらいしましょう。

claim…(v)獲得する

title…(n)称号、タイトル

complete…(v)完全なものにする

sweep…(n)圧勝

receive…(v)受け取る

world-record…(n)世界記録

recover…(v)立て直す

although…(conj)〜だけれども

impressive…(adj)印象的

wide margin…大差

disappointed…(adj)がっかりした

prepare…(v)準備する

analyze…(v)分析する

head into…〜に向かう

be rewarded…報われる

 

上記の単語の意味を押さえてから読んでみると、意外とスラスラと読めたのではないでしょうか。

 

③ニュースを読んだユイコの感想

 

私はオンタイムで羽生結弦選手の演技を見ていましたが、まさかまた『SEIMEI』の演技を観られるとは思っていませんでした。

演技に対する情熱や自分自身に対する厳しさが見える選手なので応援したくなりますし、今回も初めて四大陸選手権で1位を獲得する姿を見て、自分も日々仕事や英語の勉強をもっと頑張ろうと思わせてくれました。

 

女子で1位を獲得した紀平梨花選手も、このニュース記事では触れられていなかった、男子で3位に入賞した鍵山優真選手も、日本人が頑張って結果を残すのはやっぱり嬉しいものですね。

次回の大会も期待です!

 

英語で日本のニュースを読むのにおすすめのサイト

今回は『The Washington Post』の記事を取り上げました。

この記事では大会の結果しか書かれていませんでしたが、感想や意見まで書かれている記事を読んでみると、「日本ではこういう意見が多いけど、海外ではこんな意見もあるんだな」と新たな気づきを得られることも多いです。

ぜひ、英語の勉強の合間に、実力を試す意味でも英語でニュースを読むことにチャレンジしてみてくださいね。

 

日本の話題を英語で読むときは英語版の日経新聞や毎日新聞でも良いのですが、海外の視点も取り入れたいなら下記のニュースサイトで検索するのもおすすめですよ。

・BBC News → https://www.bbc.com/
・The New York Times → https://www.nytimes.com/
・Daily News → http://www.nydailynews.com/
・New York Post → https://nypost.com/
・The Washington Post → https://www.washingtonpost.com/

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!