TOEIC学習法

【TOEIC点数アップに効果的】解説書を使った勉強法について

TOEICで9割以上の点数を狙っていく方には、取り入れてほしい勉強法があります。

それは、「正解・不正解の理由が分かるまで解説を読み込み、説明できるようにする」ことです。

 

一見、「なんだ簡単だな」と思うこの勉強法ですが、ちゃんと実践している人は少ないです。

なぜ正解を選ぶことができたのか、逆になぜ間違えてしまったのかをいちいち説明することはとても面倒な作業だからですね。

一方で、だから周りと差が付けられると言える勉強法でもとも言えます。

 

今回は、私の実体験も交えながら、「正解・不正解の理由が分かるまで解説を読み込み、説明できるようにする」勉強法がなぜTOEICで9割の点数を狙うのに効果的なのかを解説していきます。

 

自分で説明できることは理解が定着している

 

日頃、問題集などでTOEICの問題を解き終えた後、採点だけをして終わっているなんてことはありませんか。

もしくは、もう一歩先まで踏み込み、解説を読むところまでしている方もいますよね。

 

しかしながら、採点だけをしている方、解説をただ読んでいる方は、どちらもTOEICの点数を上げるには勿体無いことをしています

採点をして、解説を読んで、理解しているなら同じような問題が出てくるTOEICでとっくに高点数が取れているはずですよね。

 

それでは何が足りないのでしょうか。

それは、「説明できるようになるまで解説を読み込む」という過程です。

これを足すことにより、理解が飛躍的にアップします。

 

正解・不正解の理由を説明できるようにする

 

TOEICの勉強に限ったことではなりませんが、自分自身が正解・不正解の理由を話せるようになれば、その問題の解答プロセスが定着していると言えます。

理解が不十分では説明が曖昧になり、次に同じような問題が出てきたときも自信を持って解答を選ぶことができません。

場合によっては以前は正解を選べた問題を間違えてしまうことにもなりかねません。

 

なぜその選択肢を選ぶのか、なぜそれ以外の選択肢は選ばないのか、この2点を自分の腑に落ちるまで何度もインプットし、アウトプットできるようになれば「定着」したと言えますよね。

大事なのは、その選択肢を選ぶ理由を明確に説明できるようになることです。

 

TOEICを他人に教えてみる

 

TOEICの問題を他人に教えてみるというのは、定着をはかるのに非常に効果的です。

自分に対する説明が甘くなりがちであっても、他人に教えるとなればそこに妥協は許されません。

 

私自身の体験談ですが、教壇に立って高校生を相手に「なぜこの表現になるのかを、分かりやすく噛み砕いて説明できるようにする」という準備の過程が英文法の理解定着に一役買っていました。

また、大学4年の時に、短大2年生にTOEICの勉強を教えるバイトをしていたことがあり、「なぜこの選択肢が正解で、なぜ他の選択肢が不正解なのか。どこが着眼点であるのか。」を口頭で分かりやすく説明するために何度も解説を読んでアウトプットできるようにしたのは、自分自身のTOEICスコアアップに大きく影響をしました。

 

流石に同じ状況を作るのは難しいと思うので、TOEICを勉強している友人がいる方は、一度勉強に付き合ってもらったらいかがでしょうか。

一度でもそのような場があれば、人に説明するのに必要な理解レベルを知ることができます。

 

TOEIC問題集の解説書を活用しないのは勿体無い

 

TOEICの勉強に冊子の問題集を使っている方も、アプリの問題集を使っている方も、演習問題を解いて終わるだけではとても勿体無い勉強をしているということを理解いただけましたでしょうか。

なぜその解答を選ぶべきなのか、しっかり説明できるまで解説書を熟読してみてください。

 

TOEICは似たような問題が何度も繰り返し出題されます。

理解が定着すれば、同じような問題が出てきたときも、瞬時に正解を判断して得点に結びつけることができるはずです。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!