TOEIC学習法

【TOEIC頻出・例題あり】現在完了形の用法と意味を徹底解説

現在完了形は知っているけれど、理解していると言い切れる人は少ないのではないでしょうか。

TOEICでも頻出の現在完了形は、ぜひその基本的な用法と意味をおさえておきたいものです。

 

今回の記事では、現在完了形の3つの用法とその意味、よく一緒に使われる英単語の紹介をしています。

最後にTOEICの問題も用意していますので、一緒に学んで理解していきましょう。

 

現在完了形の用法

 

現在完了の基本は、「S(主語)+ have + p.p.(過去分詞)」の形です。

現在完了の用法は3つありますので、それぞれ確認していきましょう。

 

(1)継続(ずっと〜している)

 

まずはじめに、現在完了形の継続用法です。

継続用法では、「ある時点から今まで、ずっとその状態が続いている」ことを表現するために用いられます。

例文を見てみましょう。

・I have lived in Japan for 5 years.
→私は日本に5年間住んでいる。
・I have played the piano since I was young.
→私は若い頃からピアノを弾いている。
このように、「5年前からずっと日本に住んでいる状態が継続している」「若い頃からずっとピアノを弾いている状態が続いている」ということを表すのが、現在完了形の継続用法です。

継続の現在完了形でよく使われる表現】

・always(いつも)
・for〜(〜の間)
・since〜(〜以来、〜からずっと)

 

(2)経験(〜したことがある)

 

次に、

現在完了形の経験用法です。

経験用法では、「以前に〜したことがある」ことを表現するために用いられます。

例文を見てみましょう。

・I have been to Canada before.
→私は以前カナダに行ったことがある。
・Have you ever eaten Sushi?
→あなたはお寿司を食べたことがありますか?

このように、過去から現在に至るまでの経験を表現する際に、源氏完了形の経験用法が用いられます。

【経験の現在完了形でよく使われる表現】

・before(以前に)
・ever(今までに)
・never(一度も〜ない)
・once(1回)

 

(3)完了・結果(〜したところだ)

 

最後に、現在完了形の完了・結果用法です。

完了・結果用法では、「過去からやってきたことを、現在は〜したところだ」ことを表現するために用いられます。

ここでポイントは、過去の出来事に重きが置かれている訳でなく、現在完了している出来事やその結果を強調しているということです。

 

例文を見てみましょう。

・I have just finished my homework.
→私はちょうど宿題を終えたところだ。
・She has already done her research.
→彼女はもう調査を終えてしまった。

このように、「過去からやってきた宿題を、現在はちょうど終わったところだ」「過去からやってきた調査を、彼女はもう終えてしまった」ということを表すのが、現在完了形の完了・結果用法です。

【完了の現在完了形でよく使われる表現】

・already(既に)
・just(ちょうど)
・yet(まだ、もう)

 

現在完了形と現在完了進行形の違い

 

現在完了形と現在完了形は、意味はほぼ同義になります。

例えば、下記の例文を見てみましょう。

・現在完了進行形
I have been studying English for 5 years.
・現在完了形
I have studied English for 5 years.

どちらも「私は5年間英語を勉強している」という意味では一緒です。

ただし、ニュアンスとして「その期間ずっと」を強調したい場合は、現在完了進行形にします。

 

実際にTOEICの問題を解いてみよう

 

それではインプットした現在完了形の知識を使って、実際にTOEICの問題を解いてみましょう。

 

・Amanda Taylor said that she would ( ) with the room service if her meal had been hot.
(A)have been satisfied
(B)have satisfied
(C)satisfies
(D)satisfying

(引用:スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース)

助動詞wouldの後にくる動詞は現在形のため、(A)か(B)に絞られます。

選択肢のsatishyは、「人 + be satisfied with〜」で「人を〜で満足させる」という意味になるので、受動態の現在完了形である(A)have been satisfiedを入れるのが適切です。

他の選択肢は(B)過去完了形、(B)現在形、(C)現在進行形なので、文章の意味が通りません。

 

もう1問例題を解いてみましょう。

・Over the past few years, Sakura Restaurant ( ) regional Japanese cuisine that is considered to be imaginative among many gourmets.
(A)had served
(B)were served
(C)will be serving
(D)has been serving

(引用:スタディサプリENGLISH TOEIC L&R対策コース)

「Over the past few years(数年にわたって)」という表現から、過去から現在にかけての継続を表していることが分かり、現在完了形の(D)has been servingを入れるのが適切です。

他の選択肢は(A)過去完了形、(B)受動態の過去形、(C)未来進行形なので、文章の意味が通りません。

 

TOEICの問題を繰り返し解いて現在完了形をマスターしよう

 

現在完了形は、その用法と意味を理解するのはそれほど難しくはありません。

しかし、今は理解できたと思っていても、練習をしなければまたすぐに忘れてしまいますよね。

TOEICの問題集にひたすら向かいながら、繰り返し問題を解いて理解を定着させましょう。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!