TOEICインフォ

英会話の聞き流しは効果が出ない!? おすすめしない理由3つ

英語を身に付けたいけど、どんな教材を選べば良いか分からないという相談をよく受けます。

よく聞かれるのが、「英会話の聞き流しは効果があるのか」ということです。

「効果が無いか、あるか」で問われたら、「目的によるけど若干は効果あるんじゃないかな」というのが私の答えです。

というのも、英語に耳を慣らすために使うなら多少なりとも力添えしてくれると思っていますし、でも本当に英語を身につけたいという意味で使うなら期待する効果は得られないと思っています。

私が英会話の聞き流しをおすすめしない理由を下記に3つ纏めましたので、英会話の聞き流し教材を検討している方は参考にしてみてください。

 

英会話の聞き流しをおすすめしない理由3つ

(1)英語ができるようになりたいという目的にそぐわない

 

この記事を読んでいるあなたは、少なくとも「英語ができるようになりたい」と思っているはず。

あなたが思い浮かべている『英語ができる自分』はどんな姿でしょうか。

きっとネイティブスピーカーが話すことが全て分かって、適切な応答を英語でスラスラと言えて、英語によるコミュニケーションをガンガンできる、そんなイメージを持っている方もいるでしょう。

 

そのイメージしている自分に近づくために英会話の聞き流しを始めるのなら、私は反対します。

理由は、耳が英語に慣れたとしても、言っている意味が分からなければ使える英語が身につくはずが無いからです。

 

普段よく聞く海外の音楽を、聞こえた通りに口ずさんだりすることがありますよね。

でもその時、意味が分かって口ずさんでいるというよりかは、聞こえた通りに何となく口ずさんでいませんか。それは意味を分かって口ずさんでいますか。

 

英語の聞き流しによって「意味は分からないけど英語が耳に入ってくるようになった」と思うことは、あるかもしれません。

でも、それでは実際に英語を使いたいと思った時に、何と言ったら良いのか頭に浮かべることができないでしょう。

 

英語ができるようになりたいなら、単語や文法、発音などトータルで学んだほうが、結果的には早く使える英語が身につくようになります。

 

(2)英会話の聞き流しは雑音と一緒

 

先に述べたことと少し重複しますが、英会話をただ聞き流すのは、道端で雑音を聞いているのと一緒です。

大事なのは聞き流すことではなく、何を言っているのかをしっかり意識して聞き、新しい単語はしっかり自分のものにするよう覚えることです。

 

文法を覚えることも非常に重要です。

日本語でも、助詞が一つ違うだけで全然違う意味になったりしますよね。

 

意識して何度も聞くから自分の身になります。

だから決して聞き流そうとは思わず、文法も単語も発音も全て意識して聞き取ってみてください。

時間がある時には聞こえてきた英語を全て書き取るディクテーションを行っても良いですね。

 

(3)楽して英語は身につかない

 

大人になってからの言語習得は難しいと感じますよね。

だから「これをやれば英語がペラペラ!」「1週間で身につく!」などの謳い文句についつい手が伸びてしまうことも分かります。

でも楽して簡単に英語が身につくなんてことはありません。

そんな方法があったら、とっくに大体の日本人は英語が喋れているはずです。

 

英会話の聞き流しで英語力を上げたいという方の中には「時間がないから」という方もいるでしょうが、だったら尚更基礎の単語や文法から積み上げて、しっかりと英語を聴く作業をしたほうが結果的に英語習得は早いです。

 

それでも英会話聞き流し教材を使いたいあなたに

 

聞き流し教材自体は悪いという訳ではないので、要は使い方だと思います。

例えば下記のような使い方はいかがでしょうか。

 

①意味を意識しながら一通り聴く
②スクリプト(日本語訳)を見ながら再度聴く
③文章を目で見て精読する(使われている文法・単語を一つずつ拾って全て理解する)
④精読で理解した内容を意識して一通り聴く
⑤内容を意識しながら音声に合わせて声に出してリピートする

ただ聞き流すだけではなく、ここまでやればしっかりした英語学習になります。

時間はかかりますが、その分、力にはなりますので、是非トライしてみてください。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!