TOEIC学習法

TOEIC Part3 会話問題の解き方と対策

TOEICのパート3では、13セットの会話に各3問ずつの設問があり、合計39問が出題されます。

2人、もしくは3人の男女の会話が一度だけ放送され、印刷されている4つの選択肢からそれぞれ解答を1つ選んでマークします。

パート3ではリアルな日常会話やビジネスシーンの場面ばかりが放送されますので、耳を十分に慣らした状態でTOEIC本番に望みたいですね。

逆を言えば、パート3をマスターすれば、日常会話ができるくらいの英語力が身についているということになります。

解き方をマスターし、しっかりと対策をして高得点を狙っていきましょう。

 

TOEICパート3の解き方

 

TOEIパート3の解き方を細かくご紹介していきます。

 

問題の先読みは必須

 

TOEICパート3では問題を先読みすることが推奨されていますが、私は問題の読みは必須と捉えています。

例題で見てみましょう。

Why is the woman calling?
-(A) To cancel an order
-(B) To complain about a product
-(C) To redeem a gift card
-(D) To renew a warranty

(引用:IIBC公式HPサンプル問題より)

このような「問題+選択肢4つ」が、一つの会話につき3問出題されます。

会話が始まる前にこの問題文の一文だけを先読みし、問題文が頭に入った状態で会話を聴きましょう。

理由は、何に注目して会話を聴いたら良いかが明確になるからです。

上記の例題文では、「Why is the woman calling?」とあり、この文から「なぜ女性が電話をしているかが分かればいいんだな」と、注目すべき点がハッキリします。

漠然と会話だけを聴いても、聴き終わった頃には内容を忘れてしまう恐れがあるため、ある程度注目するべき会話が分かっていたほうが気持ち的にも楽になります。

 

会話を聴きながら設問を解かない

 

TOEICの会場では、会話を聴きながら解いて、早く次の設問に進むことで圧をかけてくる受験者が多くいます。

彼らは会話を聴きながら問題を解いているため先へ早く進んでいるのですが、私はそのやり方はおすすめしません。

なぜなら、聴きながら設問を読むのはTOEICを解き慣れている上級者くらいしかできないからです。

その上、設問4つのうち、3つは誤った情報が書かれていますので、あえて会話を聴いているときに誤った情報を頭の中に入れる必要は無いと考えます。

先読みした問題文3つだけを頭の中に入れておいて、会話を聴き、会話が終わった後で問題を解きましょう。

 

問題を解くスピードの目安は、問題文3つのうち、ナレーターが2つ目の問題を読み終えるまでに3つを時終えておきたいです。

余った時間は次の問題の先読みに使えますね。

 

TOEICパート3対策にはシャドーイングが効果的

 

TOEICパート1・パート2の対策におすすめしたディクテーションもおすすめしたいのですが、文量が多いため、勉強時間に余裕のある方々以外はディクテーションはやらなくても良いと思います。

その代わり、徹底的にシャドーイングを行ってください。

シャドーイングとは、放送される音声の後になぞって、そっくりそのまま真似することです。

最初は問題のスクリプトを見ながら、完璧に言えるようになるまで何度も何度も繰り返しシャドーイングをしてください。

できるようになったら、次はスクリプトを見ずに、聞こえてくる音声をだけを頼りにシャドーイングしてみましょう。

コツは、一つの文章を完璧になるまで何度も発音してみることです。

「これくらいでいいかな」と思わずに、自分の発する英語を録音するなどして、完璧にコピーすることを目指してください。

 

最初の頃は力がついているのかどうか分かりづらいのですが、1ヵ月ほど続けると、段々と初めて聴く問題でも聞き取れるようになっているはずです。

会話文を習得できるので、実際の日常英会話にも大いに役に立つスキルが身につきます。

是非お試ししてみてください。

 

それと、もちろん単語力も必須です。

もう一度例題を見てみましょう。

Why is the woman calling?
-(A) To cancel an order
-(B) To complain about a product
-(C) To redeem a gift card
-(D) To renew a warranty

(引用:IIBC公式HPサンプル問題より)

選択肢の中にある、「redeem」「warranty」の意味に戸惑う方もいらっしゃると思います。

会話中の英単語を言い換えた単語が選択肢になることも珍しくありませんので、「何を話しているかは掴めたのに選択肢の単語が分からない」なんてことにならないように、語彙もしっかりチェックして自分のものしておきましょう。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!