TOEIC学習法

TOEIC Part4説明文問題の解き方と対策

TOEICのパート4では、10この説明文に各3つの設問があり、合計30問が出題されます。

1人のナレーターが話す短いトークが一度だけ放送され、印刷されている4つの選択肢からそれぞれ解答を1つ選んでマークします。

 

個人的には、パート3よりもパート4のほうが話に一貫性があるので、聴いていて楽ではあります。

パート3では会話の話題が途中で変わることもありますしね。

 

パート4の解き方や学習の仕方はパート3とほぼ一緒ですが、しっかりと対策をして高得点を取れるよう準備していきましょう。

 

TOEICパート4の解き方

 

TOEICパート4の解き方を細かくご紹介していきます。

 

問題の先読みは必ず行う

 

TOEICパート4でも、パート3と同様に、問題を先読みすることが高得点の鍵です。

先読みは必ず行いましょう。

 

下記は、パート4の問題のサンプルです。

What does the speaker say about the repair?
-(A) It is not required.
-(B) It has been finished early.
-(C) It will be inexpensive.
-(D) It is covered by a warranty.

このような「問題+選択肢4つ」が、一つの会話につき3問出題されます。

ナレーションが始まる前にこの問題文の一文だけを先読みし、聞かれていること(答えなければいけないこと)が頭に入った状態でナレーションを聴きましょう。

理由は、何に注目してナレーションを聴いたら良いかが明確になるからです。

上記の問題では、「What does the speaker say about the repair?」とあり、この文から、「修理について何を述べているかが分かればいいんだな」と、注目して聞くべきポイントがハッキリします。

 

問題文を読む時間が無いという意見をいただくこともありますが、それも訓練で何とかなります。

普段、対策をしている時から問題文を先読みする癖をつけて欲しいですし、意識して早く文章を読んでみる練習をするのも良いと思います。

 

ナレーションを聴きながら設問を解かない

 

これもパート3の解き方の記事でお伝えしましたが、ナレーションを聴きながら問題を解くことをあまりおすすめしていません。

理由は、聴きながら設問の選択肢を読み進めると、耳から入ってくる情報と目から入ってくる情報とで混乱してしまう恐れがあるからです。

設問4つのうち3つは誤った情報ですし、ナレーションを聴き終えてからのほうが、頭の中の情報が整理されている状態で解答することができます。

 

どうしてもナレーションが言ったことを覚えられずに問題が解けない、という場合には、そのナレーターが自分自身に対して言ってきている話題だと仮定して聴いてみましょう。

少し長めの留守番電話を聴いて、終わった後に要点をメモするような、あの感覚と似ていると思います。

当事者意識を持って聞けば、すぐに記憶が飛んでしまうということも少なくなるはずです。

 

TOEICパート4対策にもシャドーイングが効果的

 

TOEICパート3の対策でもお伝えしたシャドーイングがパート4を学習する上でも非常に効果的です。

やり方についてはパート3での解説をご参照していただければと思います。

 

シャドーイングがなぜ効果的なのかというと、初めてみる単語でも発音と聴こえ方をセットで習得できるところに良いところが凝縮されています。

例えば、下記のTOEIC頻出単語はどのように発音されるでしょうか。

・energy
・garage

英語だと、それぞれ「エナジー(エネルギー)」「ガラージ(ガレージ・車庫)」ですね。

シャドーイングでは、本来の英語の発音を聴きながら自分も真似して発音するため、日本語として普段使っている英単語も、英語本来の発音に矯正することができます。

自分で発音できるものは、英単語を聴いた時も違和感なく耳に入ってくるため、発音もリスニングも強化できて一石二鳥です。

 

上記のように、TOEICパート4の学習にシャドーイングは絶大な効果を発揮しますので、是非集中して取り組んでみてくださいね。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!