TOEIC学習法

TOEIC Part5短文穴埋め問題の解き方と対策

TOEICのパート5では、30問の短文穴埋め問題が出題されます。

短文なので文章量自体はそんなに多くはないのですが、全てを読まなくとも答えられる問題も多々あるのが、このパート5です。

後々の長文問題のために、短時間でサクッと解いておきたいですね。

しっかりと対策をして、高得点を狙っていきましょう。

 

TOEICパート5の解き方

 

TOEICパート5の解き方を細かくご紹介していきます。

パート5の設問は3つのタイプに分けられ、品詞・文法・語彙が問われる内容になっています。

 

品詞問題攻略

 

まずは品詞問題です。

サンプル問題を見てみましょう。

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily ——- .
(A) complication
(B) complicates
(C) complicate
(D) complicated

(引用:IIBC公式HPサンプル問題より)

パッと選択肢を見ると、似たような見た目の単語が並んでいるので、「これは品詞を問われている問題だな」と分かります。

品詞を問われている問題だと分かれば、問題文を全て読まなくても、空欄前後を確認するだけで解答することができます。

that以降の文章の「modern mobile devices are ——.」だけ抜き出すと、SVC(主語+動詞+補語)が成り立つのは、形容詞の(D)のみです。

「often unnecessarily」は意味が分からなくても、文章の骨格にはなり得ない副詞なので、飛ばしてしまってOKです。

 

慣れてしまうと、問題を見て5秒もかからず解答を導くことができます。

品詞問題は得点源にできるので、形容詞や副詞などが何を修飾するのかや、単語の形を何度も復習するようにしましょう。

 

文法問題攻略

 

次に文法問題です。

サンプル問題を見てみましょう。

Jamal Nawzad has received top performance reviews ——- he joined the sales department two years ago.
(A) despite
(B) except
(C) since
(D) during

(引用:IIBC公式HPサンプル問題より)

選択肢を見ると、前置詞と接続詞が並んでいます。

空欄以降は文章が続いていますので、前置詞ではなく接続詞を入れるべきだということが分かります。

また、空欄以前の文章は、現在完了「have」を使っていますので、現在完了形とセットで接続詞の役割を果たし、意味が通じる選択肢は(C)ということになります。

 

文法問題も、語彙がよく分からなくても解き方で解答を導ける問題です。

間違えた問題は、問題集の解説をきっちりと読み込んでマスターしましょう。

 

 

語彙問題攻略

 

最後に語彙問題です。

サンプル問題を見てみましょう。

All clothing sold in Develyn’s Boutique is made from natural materials and contains no ——- dyes.
(A) immediate
(B) synthetic
(C) reasonable
(D) assumed

(引用:IIBC公式HPサンプル問題より)

 

問題を読む前に選択肢を見てみると、品詞でも文法でもなく、語彙が問われていることが分かります。

語彙が問われている時は、問題文を全て読んで内容を理解した上で空欄を埋めることになります。

もしくは、分からない時は消去法でも構いません。

このサンプル問題の解答は(B)syntheticの「合成の」という意味ですが、これが分かるのはTOEIC上級者だけだと思います。

ですが、他の3つの単語を見てみると、TOEIC600点前後を取れている方なら分かる単語ばかりですし、その3つで意味が合わないから消去法で(B)を入れるのも立派な解き方です。

 

言うまでもなく、語彙力は暗記にかかっていますので、日々自分で決めた数の分だけ単語をしっかりと覚えていきましょう。

 

TOEICパート5対策では徹底して文法理解をする

 

TOEICパート5では、文法一つ一つを丁寧に理解して覚えることに尽きると思います。

ただし、闇雲に文法書などを拡げるのではなく、問題集を解いて間違った箇所や曖昧な理由で正答した問題の解説を徹底的に読んで理解するだけでも十分に力がつきます。

問題を解いて解説を読んで、という一連の作業を繰り返し行いましょう。

問題を覚えてしまうという心配はしないで大丈夫です。

その問題を見て、目の付け所と解き方がパッと頭に浮かんでくるようであれば完璧です。

 

文法は一度ルールを覚えてしまえば、どの問題が出てきても対応可能です。

全問正答を狙ってしっかり準備していきましょう。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!