TOEIC学習法

TOEIC Part7長文問題の解き方と対策

TOEICのパート7では、合計54問の長文問題が出題されます。

1つの文書から解答を導く設問は29問、2〜3つの文書を総合的に読んで解答する問題は25問あります。

多くのTOEIC受験者が時間が足りずに終わってしまうパート7なので、時間配分をすることは勿論なのですが、普段から英語を理解して早く読み進めることに慣れていくことがパート7で得点を上げる一番の近道ではないかと思います。

それでは一緒にパート7を見ていきましょう。

 

TOEICパート7の解き方

 

ここからはパート7の攻略の仕方です。

前提として、パート7の長文問題は、1つの文書を読んで設問に解答する『シングル・パッセージ』と、2〜3つの文書を読んで設問に解答する『マルチプル・パッセージ』とで構成されています。

 

問題を先読みしてからパッセージを読み進める

 

これはリスニングセクションのパート3、パート4の解説でもお伝えしたことですが、問題は先に読みます。

理由は、何が問われているかを先に頭に入れてからのほうが、効率良く問題の答えを探しに行けるからです。

問題を読み終えたら、その選択肢には目を通さずに、本文に目を通していきます。

「ここらへんが問題の解答になりそうだな」と思うところはスピードを落としてじっくり読み、都度設問に答えていきましょう。

都度設問に解答することで、戻って解答を探す余計な時間を省くことができます。

 

1つの文書は1分以内に全て読む

 

たまに「要点をかいつまんで速読する」解き方を推奨する方を拝見しますが、私は最初の一文から全て目を通す派です。

それは、要点をかいつまんで問題を解けるほど器用ではないということもありますが、結局最初から丁寧に読んだほうが途中で戻って読み直すことも無くなるので、効率が良いと思っています。

英語を読んでサッと理解できるようになるまで(TOEIC900点くらいまで)は、最初から丁寧に読んだほうがいいです。

と言っても、じっくり読みすぎると時間が無くなるので、1つのパッセージを1分〜1分30秒以内に読み終えて理解できるくらいを目指しましょう。

 

複数の文書から構成されるマルチプルパッセージ問題が苦手な方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

TOEICパート7のダブルパッセージ問題を得意にする読解のコツ英活ライブラリーでは、TOEICの勉強法をご紹介。本記事では、パート7のダブルパッセージ問題に焦点を当て、解くためのコツをご紹介しています。...

 

パート7よりも優先すべきはパート5とパート6

 

これはパート7の解き方、というよりもTOEIC全体の進め方なのですが、パート5から順番に、パート6、パート7を解いていくことをおすすめしています。

パート7が苦手だからと最初に解く方がいらっしゃいますが、パート5から順々に解いていくほうが、確実に得点を重ねられるからです。

短文でも、長文でも、1問正解した場合のスコアは一緒です。

だったら、文章量の少ないパート5とパート6をしっかり解いたほうが、もしパート7でコケたとしてもリカバリーできますよね。

パート7から解いていく派の方々は「頭が疲れていないうちに苦手なパート7に取り掛かる」という理由で解いているので、それでも構わないとは思うのですが、時間内に全てを解き終わる自信が無いのでしたら、短文穴埋めのパート5から解いていくほうが効率良く点数アップが期待できると思いませんか。

これは人それぞれ意見の分かれるところなので、ご自身のやりやすい法を模索してみてください。

 

TOEICパート7対策では本文精読と多読が効果的

 

TOEICパート7対策で必要なことは、本文の精読と、多読です。

まず精読ですが、中学・高校時代の英語の授業を思い出していただけるとイメージしやすいと思います。

教科書の英文を訳して、新しい英単語をチェックして、どんな構文が使われているかなどを丁寧に勉強しましたよね。

あの授業の内容をそのままTOEICのパート7でもやってみてください。

TOEICの問題はある程度パターンが決まっていますので、精読をすればするほど、「あの時に解いた問題とほとんど一緒だ」という感覚になることが増えるはずです。

 

精読を終えた後、時間がある場合には音読もおすすめしています。

私が教壇に立って高校生に英語を教えていた頃、毎回の授業内容に音読を入れていました。

口を動かして耳に英語を入れることで、頭に英語が染み込みやすくなります。

 

次に多読です。

解き方のところで1つのパッセージを1分30秒〜2分以内に読めるようにとお伝えしましたが、これは慣れによるところが大きいです。

例えば、毎日1つ、英語のニュースを読んでみるだけでも英語への抵抗が薄くなります。

The Japan Timesなど読んでみてはいかがでしょうか。

海外目線の日本の記事を読むことができますので、新たな発見もありながら飽きることなく読み進めることができると思います。

ちなみに、私は海外で購入した英語版の漫画や、ハリーポッターの原書などで英語に慣れる練習をしました。(ハリーポッターは読み終えるのに半年かかりました。)

是非、楽しみながら長文を読む方法を探してみていただければと思います。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!