TOEICインフォ

英語ができないと悩んでいる人にこそTOEICを受けてほしい理由5つ

この記事に辿り着いたあなたが「英語ができない」と悩んでいる裏側には、「英語ができるようになりたい」という想いがあ流のではないでしょうか。

でもできないから悩んでいる。

どうしたら英語ができるようになるのか。

そういった方にはTOEICテストを受けてみることをおすすめしています。

漠然と「英語ができない」と言うのではなくて、明確な指標や成果が目に見えると、どの部分で英語ができないと感じているのか、どう頑張れば英語ができるようになるのかが把握しやすくなりますよ。

 

TOEICテストを受けるべき理由4つ

 

上述したように、英語ができないとお悩みの皆さんにTOEICテストを受けてみることをおすすめしています。

その主な理由は下記でお伝えする4つの理由から成るものです。

 

理由①TOEICテストは日常で使える英語が出題される

 

TOEICテストは難しいと思っている方が多数いるようですが、出題されるほとんどの問題は日常で使う英語で形成されています。

つまり、勉強して習得したらすぐに使える英語ばかりなんですよね。

使う頻度が少ない英語を勉強するより、覚えたら旅行や仕事で実践できる英語を学ぶほうが何倍も有意義と感じませんか。

ちなみに、英検1級を取得するよりもTOEIC990点を取得するほうが、よっぽど使える英語が身についていると思います。(あくまで私個人の意見ですが)

英検の問題を見ると「これ海外の友達との会話で使ったことないし、仕事でも使わない」という単語や表現が多いのですが、TOEICテストで学んだ英語はガンガン使ってます。

 

理由②明確な目標ができる

 

TOEICテストを受けようと決めると、目指したいスコアという目標ができます。

目標ができると、そのスコアに向けて勉強を始めますが、勉強を進めるうちに自分の得意な部分や弱点などが見えてくるため、どの部分を集中的に勉強すればスコアが伸びるのかが分かるようになります。

漠然と英語が分からない、と言っていた自分から、なぜ自分が英語ができないと言っていたのかが分かるようになると対策ができますよね。

 

理由③達成感を味わうことができる

 

大人になってから達成感を味わうことが少なくなった方も多いのではないかと思います。

TOEICテストはスコアで自分の英語力を測れるツールのため、目標スコアを達成した時の嬉しさと言ったら言葉では表現しがたい嬉しさが込み上げてきます。

さらに、スコアレポートが返ってくると、自分ができたポイント、できなかったポイントが一目で分かりますし、合否ではなくスコアで自分の英語力を知ることができるので、今自分がどのくらいのレベルにいるのかが分かりやすいのも嬉しいポイントです。

TOEICテストに向けて勉強を頑張っている社会人も増えましたので、一緒の目標に向かって達成した瞬間を分かち合えるのもTOEICテストを受ける醍醐味の一つと言えます。

 

理由④自分に自信が持てる

 

TOEICテストを終えた後に発行されるスコアレポートは、スコアの正式証明書として転職活動に有利になる他、スコアの一定レベルを求めている会社であればしょうしんも叶います。

TOEIC700点を超えることができれば、「英語ができない」と言っていた頃の自分からは想像できないほど、周りから「英語ができるあなた」へと熱視線が送られるでしょう。

 

理由⑤将来の選択肢が増える

 

一昔前よりも海外に目を向ける日本人が増え、同時に日本で働く外国人の方も増えましたよね。

グローバル化が進む世界であなたは将来をどのように想像していますか。

留学やワーホリなどで海外経験のある日本人も増えてきましたが、まだまだ英語が話せる人材は貴重ですし、重宝されます。

得意、とまではいかなくても、ある程度英語ができたほうが将来の自分にとってプラスと言えます。

 

英語ができないと悩んだ理由から将来の自分を見つける

 

英語ができない、と悩んだ自分の想いにはどのような背景があったのでしょうか。

「訪日外国人から道を聞かれても答えられない」
「海外部門に配属されたけどメールの内容が分からない」
「海外旅行に憧れはあるけれど英語ができないから諦めている」

いろいろな想いはあると思いますが、だからこそ、その想いの後ろにこの言葉を付けてみましょう。

「だから英語ができるようになりたいんだ」

その想いを叶える一つのツールとしてTOEICテストの受験が有効なことは上述してきました。

ぜひ自分が思い描いた英語ができる自分になるために、TOEICテストを受けてみてくださいね。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!