TOEIC学習法

TOEIC400点取得者の英語力と意識するべき勉強のポイント

TOEICの勉強を始めたばかりの方の中には、「TOEIC400点のレベルはどのくらい?」「TOEIC400点は就活や転職活動に有利なの?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事を読んでいる皆さんは、TOEIC400点台、もしくはTOEIC400点を目指したいと考えている方だと思いますが、意外なことに、TOEIC400点に焦点を当てている参考書や、記事にしているブログはなかなかありません。

その理由は、結論から言うとTOEIC初心者の目標点数が600点以上になることがほとんどだからです。

 

一方で、物事には順番やステップがありますし、TOEIC400点も600点や満点を取るための通過点になることは間違い無いです。

そのため、今回は気になるTOEIC400点の英語レベルと、活用の仕方や勉強の進め方について今回はご紹介していきますね。

 

TOEIC400点の英語レベル

 

TOEIC400点の英語力は、中学・高校で習った英語の基礎が身についていれば取得できるレベルと言えます。

英検で言えば準2級を取得している方は、TOEIC400点に到達する可能性が高いです。

 

もし「まだTOEICで400点を取ったことがない…」という方はTOEICの参考書を一旦横に置き、中学・高校英語の参考書で英語の基礎力をつけましょう。

TOEICの参考書はある程度の英語の基礎が出来上がっている人向けに書かれていることが多く、中学・高校英語の参考書のほうが説明が丁寧なことが多々あります。

TOEIC400点台の人がやるべきことについては、また記事の終盤で触れますね。

 

TOEIC400点は就活や転職活動で使えるか

 

TOEICを勉強する大きな理由の一つには、就活や転職が挙げられるのではないでしょうか。

TOEIC公開テストを運営しているIIBCが、上場企業へ「採用時にTOEICスコアを参考にするか」アンケートを取ったところ、下記の結果となりました。

(引用:「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書より)

採用時にTOEICのスコアを参考にしている会社が過半数を大きく超えています。

そして注目すべき点は入社時の期待スコアと採用応募時参考スコアが400点を大きく上回り、2013年は新入社員でTOEIC565点、中途採用社員でTOEIC710点が期待とされているスコアです。

この記事を読んでいる方はTOEIC400点台か、もしくはTOEIC400点を目指している方が多いと思いますので、今の自分の実力との差には目を背けたくなるのも分かります。

 

とはいえ先ほども述べたとおり、何事もステップが大事です。

私も高校を卒業して初めて受験したTOEICでは400点台でしたし、そこから時間をかけて900点台までスコアを上げてきました。

 

TOEICで400点が取れれば基礎固めはできておりますので、あとは勉強あるのみです。

 

TOEIC400点取得者が意識すべき勉強ポイント

 

まず始めに、繰り返しにはなりますが、TOEIC400点に満たない方は、まずは中学・高校で使用した英語の参考書を使い、文法知識を頭の中に呼び覚ましましょう。

最低限の基礎力を土台として持っておきながら、単語力や長文読解能力を上積みしていく順番が効果的だからです。

 

そして既にTOEIC400点を取得していて、もっと上を目指したい方には、何よりもまずTOEICの出題傾向の理解と時間配分をマスターしてほしいです。

つまりは、TOEIC400点取得者がもっと点数を上げていくにはTOEICへの慣れが大事なんです。

 

「あれ?英単語の勉強は必要ない?」「パート7が全部解けないのが悩みなんだけど…」という声が聞こえてくるのも分かります。

でもその対策をしなくていいとは言ってないです。

あくまで、最初に突破してほしいポイントが、TOEICテストに慣れるというステップであって、そのあとに英単語も文法も長文の解き方もマスターしていけば、段階を踏んでTOEIC900点台までいくことは可能です。

 

TOEICは学校でやってきたような英語のテストやセンター試験、また、英検とも違い、問われる内容が独特です。

TOEIC400点取得者は英語の基礎は身についている方が多いですので、TOEICの各パートの型を理解して時間配分を間違えなければ、あっという間にTOEIC500点は見えてきます。

もし今、各パートの特徴や「こんな問題が出てくる」といったことがパッと頭の中に浮かばないようであれば、まずはTOEICに慣れることを最優先にして問題を解いていきましょう。

 

TOEIC400点は通過点です。

この先500点、600点、そして900点から満点へと道を進んでいくことをイメージしながら、日々の英語学習を続けていきたいですね。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!