TOEIC学習法

TOEICでスコアアップをコミットするなら語彙力を鍛えよ

あなたはTOEICでどのくらいスコアアップしたいと思っていますか?

100点?

200点?

とにかく満点の990点しか見ていない、という方もいるのではないでしょうか。

 

TOEICでスコアアップを狙うなら、語彙力を鍛えるの一言に尽きます。

なぜならTOEICでは英単語をどのくらい覚えているかが、スコア結果に直結するからです。

 

TOEICで覚えるべき語彙数

 

TOEICで必要な英単語数は、狙うスコアによって若干の差があります。

下の図は、私がTOEICの勉強で相当お世話になっている、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースで覚えられるレベル別の英単語数を示しています。

レベル別に、求められる語彙の数が多くなっていることがお分りいただけると思います。

目標点数が600点の方も、750語は覚える必要があるということです。

 

ちなみに、中学・高校それぞれで学ぶ英単語数については、学習指導要領によると、中学3年間で1,200語、高校3年間で1,800語程度の英単語を学ぶべきとしています。

TOEIC990点を目指すのであれば、1,410語を覚える必要がありますので、ほぼ学生生活3年分の英単語を覚える感覚ですね。

そう考えると遠い道のりのように感じますが、TOEICの勉強をしていると何度も使われている頻出単語を次第と覚えられるようになります。

 

手っ取り早く語彙力を高めたいという方には、おすすめの暗記法をご紹介しますので、ご参考にしてみてください。

 

TOEIC頻出単語の覚え方

 

これから暗記の方法について幾つかご紹介していきます。

全ての人に当てはまる暗記法という訳ではありませんので、是非ご自身に合った方法を見つけてみてください。

 

TOEICの演習問題から抜粋して自分だけの単語帳を作る

 

お手持ちのTOEIC教材の問題集を一通り解き終わった後、分からなかった英単語を全て抜き出します。

抜き出した英単語は、ノートに書いても良いですし、パラパラめくるタイプの単語帳に書き写しても構いません。

 

この方法の一番のメリットは、自分専用の単語帳が作れることです。

それだけ覚えればTOEIC上で分からない英単語がほぼ無くなることになりますので、非常に効率的ですよね。

 

TOEIC頻出単語を集めた英単語特化本を購入する

 

単語帳を自分で作成するのが面倒という方には、TOEICで出てくる頻出英単語を集めたレベル別の単語本を購入することをおすすめします。

本を購入して暗記をするメリットは、本当に頻出の単語だけを覚えられるということです。

TOEICを研究して知り尽くしている著者の本であれば信用できますし、その本に載っている英単語を全て覚えれば無敵状態でTOEIC本番に臨むことができると思いませんか。

 

TOEIC頻出単語が学べるアプリを活用する

 

これは私が一番おすすめする方法です。

今はスマホ一つあればTOEICの対策をいつでもどこでもできる、とても便利な時代になりました。

電車に乗っている時間や、少し時間が空いた時など、ちょっとした時間を英単語の暗記に充てられるため、とても効率的です。

 

私が利用しているアプリは、先ほどもご紹介したスタディサプリENGLISH の TOEIC対策コースです。

このアプリでは、自分が一度間違えた単語には復習マークがつくため、後々まとめて復習ができることが特徴です。

手動で苦手な英単語をピックアップする手間も無く、間違えた単語は自動的に復習対象に振り分けられるため、全体を考えるととても効率良く英単語を学ぶことができます。

気になる方は、下記バナーからお試し登録が可能です。



語彙力を伸ばしたいならスキマ時間の活用が鍵

 

忙しい方にとっては、方法論よりもいつを勉強に充てようか迷う方もいらっしゃると思います。

 

ギュッと集中して英単語を覚えたいのなら、就寝前と起床後の時間を有効活用しましょう。

就寝前に覚えた英単語は、寝ている間に頭の中で記憶が整理され、起床後にもう一度インプットすることで英単語の定着度が高まります。

 

もちろん、電車に乗っている時間ですとか、料理ができるまでの数分間だけ、という場合にも積極的に英単語を覚える努力はしていきたいですね。

 

頻出単語をマスターし、自分が思い描くTOEICスコアまで一気に駆け上がりましょう!

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!