TOEICインフォ

TOEICで自信をつけて英語を使ったボランティアに挑戦しよう

TOEICの勉強をしていると、「自分はどのくらい英語が身についているのか試したいな」と思うことはありませんか。

TOEICのスコアは伸びていても、実際にその英語が世間で通じるかどうかは気になるところではありますよね。

 

自分の英語力を試す場として、ボランティアに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

英語スピーカーを前に、自分の英語を試せる絶好の機会ですし、机上の勉強だけでは触れることのできない『活きた英語』を学ぶこともできます。

 

この記事を読んでいる皆さんはTOEICを勉強中、もしくはこれから勉強をしようと思っている方が大半だと思いますが、ボランティアへの参加はTOEICで身につけた英語力を発揮するのに最適な場です。

今回は、TOEICの学習経験が活きるボランティアを紹介していきます。

 

TOEICの学習経験が活きるボランティア3選

 

英語を使ったボランティアは無数にありますが、比較的認知度があって、しっかりとした体制が整っているボランティアを3つご紹介しますね。

・JICA海外協力隊
・CIEE
・TOKYO FREE GUIDE

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

TOEICが活かせるボランティア:JICA海外協力隊

 

JICA海外協力隊は、皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

海外協力隊になると、開発途上国へ1〜2年間派遣され、自分の持つ技術や知識・経験を開発途上国のために役立たせながら生活を送ります。

 

JICA海外協力隊になるには語学力審査があります。

ここでは語学を習得する素地があるかどうかが確認されますので、高い英語のスキルを持っている必要はありません。

 

下記は語学力目安表ですが、ご覧の通りTOEICスコアが330点以上あれば応募可能です。

英語力 コミュニケーションレベル
A:TOEIC 730点以上 十分なコミュニケーションが可能
B:TOEIC 640点以上 どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている
C:TOEIC 470点以上 限られた範囲内での業務上のコミュニケーションが可能
D:TOEIC 330点以上 日常会話程度

仮に、もしいま語学力に不安があったとしても、審査合格後、英語の訓練を受けられる場合もありますので、あまり心配は要りませんよ。

 

※公式ホームページ
https://www.jica.go.jp/volunteer/

 

TOEICが活かせるボランティア:CIEE

 

CIEEは、大学生と社会人を対象としたボランティア体験プログラムを提供している非営利法人です。

アメリカで設立されてから50年以上の歴史があり、年間約5万人がCIEEを通じたボランティアに参加している実績がありますので、体制もしっかりしています。

 

必要な英語レベルは特に定められておりませんが、リーダーシップが必要とされるプログラムではTOEICスコア600点以上が必要です。

通訳を任されるプログラムもあれば、英語力があまりなくても心配の要らないプログラムもあります。

 

CIEEに問い合わせてから、自分にはどのプログラムが合っているのかを決めても良いですね。

数日間だけのボランティアプログラムも多数ありますので、気軽に参加できるのも嬉しいポイントです。

 

※公式ホームページ
https://www.cieej.or.jp/index.html

 

TOEICが活かせるボランティア:TOKYO FREE GUIDE

 

日本国内でも英語を使ったボランティアをすることは可能です。

TOKYO FREE GUIDEでは、訪日観光客に日本の文化をより楽しんで経験してもらうためのサポートスタッフをボランティアとして募集しています。

ボランティアでは訪日観光客の要望に合わせて都内近郊を案内し、日本の文化を紹介します。

 

必要な英語レベルは定められていませんが、事前準備から当日の案内までゲストの対応をしなければならないため、自分一人でコミュニケーションが取れるレベルの語学力は必要です。

一方で、全て自分で抱え込む必要もありません。

他のガイドメンバーに質問をしたり、情報交換をすることも可能なので、英語力の確認やスキルアップを目的とするには打ってつけのボランティアと言えます。

 

※公式ホームページ
https://www.tokyofreeguide.org/jp/

 

英語は実際に使うから面白い

 

TOEICを勉強し続ける中でも、やはり目標があったり、実際に英語が使える場があると、やる気がみなぎってきます。

机に向かって勉強している時には使わなかった英語の言い回しに出会ったり、英語でポンポンと会話のキャッチボールができるようになったり、新しい経験にはワクワクが伴います。

 

身につけた英語を実戦で使わないのは勿体無いです。

ぜひ、今の自分の英語がどこまで通じるものなのか、ボランティアで試してみてはいかがでしょうか。

 

実際にTOEICの勉強が役に立ったボランティア体験談を下記の記事でご紹介しておりますので、こちらもチェックしてみてください。

TOEICの勉強が実際に役に立ったボランティア体験談英活ライブラリーでは、TOEICの勉強法をご紹介。本記事では、TOEICの勉強が実際に役に立ったボランティアの経験を3つご紹介しています。...
TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!