隙間時間コンテンツ

TOEICの勉強が実際に役に立ったボランティア体験談

前回の記事では、TOEICの勉強が活きるボランティア活動のご紹介をしました。

TOEICで自信をつけて英語を使ったボランティアに挑戦しよう英活ライブラリーでは、TOEICの勉強法をご紹介。本記事では、TOEICで学んだ英語を使って参加できるボランティア活動をご紹介します。...

 

机に向かって勉強していると、ふと「自分の英語は実戦でも使えるのだろうか」と思うことがありますよね。

とは言え、英語を使ったボランティアに参加するのも難しそう…と思う気持ちもよく分かります。

 

そこで今回は、実際に私が参加したボランティア体験をシェアします。

それぞれTOEICスコアがどのくらいの時に、どんなボランティアに参加したかも記載しますので、自分が参加するボランティアを決める一つの目安にしてみてくださいね。

 

TOEICが役に立ったボランティア活動3選

 

英語を本格的に勉強し始めてから参加したボランティアのうち、今回は下記の3つをご紹介します。

・マラソン大会運営ボランティア(TOEIC600点のとき)
・CIEEボランティア(TOEIC700点のとき)
・国際会議運営ボランティア(TOEIC900点のとき)

 

マラソン大会運営ボランティア(TOEIC600点)

 

TOEICスコアが600点だった頃、アメリカで行われたマラソン大会の運営ボランティアに参加しました。

そのボランティアでの私の役割は、『マイルマーカー』です。

 

マイルマーカーは、直訳では『距離標識』。

ボランティアスタッフは1マイル(=1.6km)おきに配置され、ランナーに「いまは◯マイル地点だよ」と合図を送るのがミッションでした。

 

マラソン大会の運営ボランティアは、正直、あまり英語力は必要のないボランティアでした。

と言うのも、英語を使う場面は、スタッフ間の打ち合わせの時と、ランナーに向かって「Go for it! (頑張れ!)」と声援を送る時、あとはランナーを応援する地元の人たちとのちょっとした会話だけだったからです。

 

ボランティア未経験の方には気兼ねなく参加できる、ハードルの低いボランティアと言えます。

 

CIEEボランティア(TOEIC700点)

 

TOEICスコアが700点だった頃、CIEEを通じたカナダでのボランティアプログラムに参加しました。

そのボランティアでの私の役割は、環境保護活動のサポートスタッフです。

 

未就学児向けの自然体験教室で講師をサポートした時には、子どもたちに英語で話しかけながらゲームを進めたり、虫を一緒に観察したりしました。

また、野菜を収穫したり、花を植える活動をした時には、同じくCIEEのボランティアに参加していたイタリア人やフィリピン人のスタッフと英語で打ち合わせをしていました。

 

TOEICスコアが700点だった頃、英会話にはまだまだ苦手意識があったものの、持っている英語の知識で問題なくコミュニケーションが取れました。

CIEEを通じて参加するボランティアスタッフは、英語を学びたいという目的の人たちが多く集まるため、海外の友達を作るチャンスにもなります。

TOEICである程度スコアが伸びてきて、実際に英語を話したいという方にはおすすめのボランティアです。

 

国際会議運営ボランティア(TOEIC900点)

 

TOEICスコアが900点だった頃、日本で行われた国際会議の運営ボランティアに参加しました。

そのボランティアでの私の役割は、世界188ヵ国から来日した要人を、滞りなく各会議会場へ誘導することでした。

 

英語で会議会場へ道案内をする以外にも、美味しい寿司屋に行きたいという要望にその場で検索して答えたり、行き先を聞いてタクシーの運転手へ通訳したりもしました。

マニュアルにはない突発的な要望に答えることが多く、ホスピタリティ精神を試されているとも思いましたし、英語力を鍛えるのに素晴らしい機会をもらえたと思います。

 

一方で、質問を受けてすぐに英語が出てこなかった時には、「このボランティア使えないわ」と真正面から言われたこともあります。

TOEICのスコア900点を持っていたものの、ボランティア中は冷や汗をたくさんかきましたし、今思えばその悔しい経験も含めて「もっと英語力をつけていきたい」と火がついた経験でした。

 

TOEICの勉強をしていて良かったと感じた瞬間

 

今回は、3つのボランティア体験をシェアさせていただきました。

TOEICのパート2やパート3で演習した会話を実際に使うことが多く、「TOEICの勉強しておいて良かった」と感じた瞬間でした。

また、自分の身の丈ではなく、ちょっと背伸びをしたボランティアに参加することは、英語力を上げたいという気持ちの後押しにもなることを経験しました。

 

TOEICの勉強をしてからどのくらいの英語力がついたのかを確認したい方や、英語力の目標を再設定したい方にも、英語を使うボランティアはおすすめです。

訪日外国人が増え続ける中、日本国内でも英語を使うボランティアはたくさんありますので、興味のあるボランティアを探して参加してみてはいかがでしょうか。

TOEIC学習で周りに差をつけるならスタディサプリ!